初回限定 定価の半額(お一人様1個限り) 高含有・硫酸基率14.9% 午後3時までのご注文は即日配送
健康食品フコイダンのサイトあなたのいる場所 HOME > フコイダンの基礎知識 > 賢いフコイダンの選び方

賢いフコイダンの選び方

フコイダン製品ご購入前のチェックポイントはこれだ!!

フコイダンは自分・家族にとって、良さそうだ、飲んでみよう、とお考えになっても、フコイダン商品も情報もたくさん出回っています。
インターネットで手軽に調べられるのは大変有難い反面、情報が氾濫しすぎて、いったい何を基準に選べばよいのか、なかには悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
もちろん 、弊社の商品をご購入いただくのは大変ありがたいことです。
しかし、今このページをごらんのあなたにとって一番大切なことはなんでしょう? それは、言うまでもなくあなたご自身、ご家族、そしてかけがえのない方々のお体、健康ではないでしょうか? 
私たちは、このページをご覧になった方々が、その後、どんな商品を選ばれるにしろ、まずは、きちんと、商品を理解し、納得した上で選ばれること、そのための知識を得ることが一番、だと考えているのです。このページがあなたのための、商品選択の目安になれば幸いです。


【チェックポイント1】必ずフコイダンの含有量を表示しているものを選ぶ

あなたが購入したいと思っている、商品の箱・ラベルにフコイダンの含有量表示はありますか? 
これはフコイダンに限ったことではありません。健康食品をご購入になる場合、あなたが一番購入したい成分についての含有量は必ず購入前に見てください。例えばそれが”フコイダン” だとしたら、候補としている商品に、いったいどれだけフコイダンが入っているのか? まずはチェックするのです。商品には、カプセルそれ自体や、他の成分なども含まれている場合があります。全体の量でなく、全体における、フコイダン単体の含有量をチェックしてください。
こうした表示については嘘を記載するのは違法となります。きちんとした商品ならば、記載しているのがほとんどです。

この記載がない、場合はどういうことか?
「含有量を記載したら、それはデメリットとなる」「お客様は買ってくれないだろう」
つまり、含有量が少ないので記載しない、ということは、十分考えられるわけです。

含有量記載していないもので、試したい商品があるというのならば、必ず一度問合せをしましょう。”含有量”について、納得できる回答でなければ、やめましょう。含有量をお尋ねになっているのに、それ自体より、別の事項や体験談、本に載った、などということばかりを、長々と説明をされるような会社も避けるのが賢明です。


【チェックポイント2】1箱あたりの定価ではなくフコイダン1gあたりの価格を知る

含有量が記載してあるという前提で、次は内容量と価格をチェックして判断基準にします。
何かを購入する場合、価格が気になるのは当然です。
もちろん、まったく同じ商品名・内容のものを比較するなら、価格が安いほうを購入したほうが得になります。
ただし、 複数のメーカー・商品を比較する際は、価格だけを比較して決めてしまうよりは、もっと合理的な目安となる方法がありますのでご紹介しましょう。

比較例(この表は、参考用の例です)
価格(\)(税込) 1粒のフコイダン
含有量
粒数 フコイダン
全体量
フコイダン1gあたりの価格(税込)
例:商品A 3,000 100mg 60 6000mg(6g) 500円
例:商品B 10,500 170mg 210 35700mg(35.7g) 294円

上記の一例でみると、同じフコイダン商品であっても、一見商品Bのほうが、価格だけ見れば高いですが、1gあたりに換算すれば、商品Aより、お得であるのがお分かりになると思います。
このように基準を与えて、フコイダンの内容量と価格のバランスを考えると、比較がしやすいです。

成分単位価格 簡易シミュレーター
あなたに、比較したい商品があれば、使ってみてください。

価格(円) 1粒(袋)のフコイダン
成分含有量 (mg)
1瓶の粒数(袋)
mg 粒(袋)



フコイダン 1g(グラム)あたりの価格は ¥ です。

商品については、高いから非常によい原料か? というと、必ずしもそうとは言いきれません。広告宣伝費などのコストが価格に上積みされて価格が高くなっていることもあります。高名なお医者様の推薦文やバイブル本(一例:”○○でがんが治った!"というようなセンセーショナルなタイトルの本)などですすめられている、かつ、単位あたりの価格がとても高い、という場合は、広告宣伝費にかなりウェイトがのせられている、可能性は高いです。

加えて、健康食品は、直接あなたの体内に摂取していただくものですから、
『高いものほど高品質で効き目が期待できるだろう』
という消費者心理があり、残念なことですがその心理をついて、品質にかかわらず故意に高い値段で販売する業者がいるのです。

疑問があれば、まずは、メーカー・販売者にきちんと確認をとってみてください。
また、お医者さまにかかっていらっしゃる方は、担当医にもきちんとご相談になってくださいね。

『参考』:広告や中間経費を削減してお届けする弊社では、フコイダンの適正価格は、1gあたり、450〜500円が妥当だと考えております。

【チェックポイント3】粉末・カプセルの場合は、色を見てみる

精製度の低いフコイダン 精製度の高いフコイダン

フコイダンの精製において、精製率の高い良質のものになるにつれ、色は白くなっていきます。
色が黒いもののなかには、モズク・コンブ等をそのまま粉末にしただけのものもあります。
カプセル内の粉末も、写真等で色が見られる場合は、 きちんとチェックしてみてください。



特濃フコイダン中国語ページ 特濃フコイダン英語ページ 特濃フコイダン韓国語ページ