初回限定 定価の半額(お一人様1個限り) 高含有・硫酸基率14.9% 午後3時までのご注文は即日配送
健康食品フコイダンのサイトあなたのいる場所 HOME > フコイダンの基礎知識 > 高分子フコイダンと低分子フコイダン

高分子フコイダンと低分子フコイダン

低分子化されたフコイダン?

「高分子フコイダンと、低分子フコイダン、いったいどちらを選べばよいのでしょう?」 お客さまからよくいただく質問です。 たくさんあるフコイダン商品を分子量で大別して、高分子フコイダンか低分子フコイダンか、ということなんですが・・・・・(超低分子、というものもございます)

フコイダンとは、そもそも高分子多糖類ですので、低分子化すると厳密にはフコイダンではなくなります。高分子フコイダンと低分子化したフコイダンを比較して、低分子化した方が吸収が良いという証明はフコイダンについてはどこにもありません。

このような比較が問題になる背景にはやはり低分子ほど吸収がよくて、必要な成分が体中に行き渡るのではないかという誤解があるためでしょう。 しかし、最も重要なことは、吸収性よりも結果的にどちらがフコイダンとして働いてくれるかということです。

低分子にしたものがフコイダンであるかどうか? についてはさておき 『フコイダン』の吸収性がよいほど優れている、ならば、低分子フコイダンであるほど、高分子より少ない飲用量で済む、ということも考えられます。

ところが、現状ではそうしたことはありません。

フコイダンという多糖類は分子の結合が非常に強くてなかなか壊れません。そこでより腸管で吸収されやすくするには、低分子化すればいいのでは、という議論がでてきたのですが、実際には糖質は二糖類以上だと吸収されないので、フコイダンのように分子結合が強い物質は吸収という角度で見ると、フコイダン自体の生理的な働きは説明がつかないのです。

口からの摂取ということで、「フコイダンは結合が強すぎる超高分子」だから、体は「これはてごわい異物」と判断し、活性化させているのだ、という論があります。 よい成績をおさめ注目を集めるに至ったのは、消化吸収しにくい高分子フコイダンなのです。

フコイダンについては、その働きについて科学的に完全に解明されていないところもあります。

フコイダンを効率よく活用するためには、低分子化するというより、適正な分子量(高分子)にフコイダンを調整することが重要といわれています。

現在、低分子・高分子フコイダンについては、意見が分かれています。

残念ながら、低分子・高分子に関して、どちらが優位ということに関しての証明や学術論文はありません。 弊社では、低分子化によって硫酸基がバラバラになると、本来の活性が失われる可能性を否定できない、というスタンスのもとに、商品化する際に、高分子のフコイダンを選択いたしました。

商品を選ぶ際に悩まれることも多々あると思いますので、次に、上手なフコイダンの選び方についてお話します。

これは、フコイダンに限らず、健康食品を選ぶ際にはきっと役に立ちますので、ぜひ参考にしてください。

関連おすすめ記事


特濃フコイダン中国語ページ 特濃フコイダン英語ページ 特濃フコイダン韓国語ページ