初回限定 定価の半額(お一人様1個限り) 高含有・硫酸基率14.9% 午後3時までのご注文は即日配送
健康食品フコイダンのサイトあなたのいる場所 HOME > フコイダンの基礎知識 > モズクフコイダン

モズクフコイダン

モズクフコイダンはどこがいいの?

モズクやメカブ、コンブ、海藻類全般のなかでも、フコイダンが一番多く含まれるのがもずくで、コンブの約5倍フコイダンを含んでいます。

モズクは、ほかの藻(ホンダワラなどの褐藻類)に付着して生育することから、「藻付く」と呼ばれるようになったといわれています。

ナガマツモ科の海藻で、日本では東北地方から沖縄までの日本海・太平洋岸の静かな湾内などに生息しています。イトモズク(ホソモズク)とオキナワモズク(フトモズク)の2種類が食用とされていますが、オキナワモズクのほうが栄養価が高く食感などもよいことから国内で消費されるモズクの90%以上がオキナワモズクで、ノリと同じように養殖技術が発達し、盛んに養殖されています。

さて、現在、フコイダン商品は、高分子と低分子のフコイダンに大別されて販売されています。これについては、よくお問合せいただくのですが、高分子フコイダン低分子フコイダンどっちがいいの?

関連おすすめ記事




特濃フコイダン中国語ページ 特濃フコイダン英語ページ 特濃フコイダン韓国語ページ