初回限定 定価の半額(お一人様1個限り) 高含有・硫酸基率14.9% 午後3時までのご注文は即日配送

フコイダンお客様Q&A  【目次】


フコイダンとは何ですか?

フコイダン(ふこいだん fucoidan)は、今から90年ほど前にスウェーデンのウプサラ大学のキリン教授により発見されました。

フコイダンは、モズク(もずく)やワカメ、メカブ、コンブなど【褐藻類】に属します。海藻の表面のヌメリ成分に多く含まれる硫酸化【多糖】類の一種で「フコース」と呼ばれる【単糖】を主要成分とし、このフコースに【硫酸基】が結びついた糖のことです。

フコイダンとはでも説明していますのでお読み下さいね。

コンブではなくモズクを推奨する訳は?

まず、モズクの方がフコイダンの含有量が約5倍あることにあります。次に、コンブに比べてモズクのほうが価格的に安価であるし、人工栽培ができるので、商品の均一化が容易といわれています。また製造過程におけるフコイダンの抽出もモズクのほうが容易であると言われています。

フコイダンを摂取するにはどうすればよいでしょう?

普段の食事に、モズクやコンブなどの海藻類を意識して取り入れるようにすればよいでしょう。

ただし、より積極的にフコイダンを摂取したい方は、食事だけでなく、フコイダンを含む健康食品を摂取するのも効率的でしょう。

注)海藻それ自体には、微量ながら、砒素やヨードが含まれています。フコイダンをたくさんとるために、海藻類を大量に食事で日々摂取するのは避けるのが賢明です。砒素の毒性は言うまでもなく、ヨードを過剰摂取すると、逆に健康面で問題です。

注2)シーナコーポレーションのフコイダン商品はフコイダン精製過程で十分に砒素・ヨードなどを除去しております。

フコイダンの研究は日本だけですか?

アメリカでは、特に注目を浴びています。良い物は良いと合理的に判断する国民性がありますので、日本よりも広がりが早いようです。

スーパーマーケットでは、【フコイダン】という商品名でモズクがおいてあるところもあるそうです。

お薬と併用してもいいですか?

はい。「特濃フコイダン」は健康補助食品で、薬品ではございませんので、併用していただいても問題ありません。

お医者様にかかっていらっしゃる方、気になる方は、主治医の意見をおたずねになってください。

いつ飲めばいいのですか?

フコイダンは食品ですので、いつお飲みになられても結構です。
一度にたくさんの量を飲まれるよりも、同じ量でもこまめに分けて飲まれ、なるべく体内での濃度を一定に保つよう、おすすめしています。

ご自分のペースでストレスのない方法でお召し上がりいただくことがいちばんです。無理をせず、ご自分に合った召し上がり方を見つけていただくことも長くお続けいただくためには重要です。

お水、お白湯以外の飲み物と一緒に飲んでもいいですか?

はい。
常温のお水、白湯、ジュース、お茶などで一緒にお召し上がりいただいても問題ございません。
カプセルから粉末を取り出し、スープやみそ汁に混ぜてお飲みいただいても結構です。

カプセル、液体とフコイダン商品はいろいろありますが、どれが一番いいのですか?

精製度が高く良質のフコイダンを同じ原料としているのであれば、差が出ることはないはずです。見た目の形状で判断するのではなく、大事なのはフコイダン自体を必要量摂るということです。

私はどのくらいの量のフコイダンを飲めばいいのですか?

特に定める量はありません。「特濃フコイダン」は薬ではなく、食品ですので摂取量はあくまでも目安となります。

【1日の目安】
□特濃フコイダンカプセルの場合
通常の方で4〜10カプセル程度、積極的に健康づくりに取り組みフコイダンを実感したい場合には10〜20カプセル程度、特別な目的を持ってフコイダンを飲まれる方は、20〜40カプセル程度をおすすめしています。

ご自身の体調に合わせ、無理をなさらず、増減しながらお試しください。

副作用はないのですか?

食品ですので特に心配はありませんが、フコイダンは食物繊維ですので、通常より量を多く摂取されるた場合、まれにお腹が緩くなる方がいらっしゃいます。
その場合は、量を減らして2〜3日様子をみてください。

ご自分に合わない、と思われる場合は無理をせず、飲用を中止してください。
人間の身体は一人一人違いますので、ご心配なことがありましたら弊社までご連絡ください。

フコイダンをペット(犬・猫)に飲ませても大丈夫ですか?

大丈夫です。

シーナコーポレーションのお客さまには、実際に飲ませている方がいらっしゃいますのでご安心を。ペットは、大切な家族の一員です。お役立てくださいませ。

【特濃フコイダンを飲ませる量の目安】

体重 適用 フコイダングラム数

特濃フコイダン100
(カプセル)

1〜5kg 超小型犬・猫 0.5g 3粒程度
5〜10kg 小型犬・猫(大きめ) 1.0g 6粒程度
10〜20kg 中型犬 1.5g 9粒程度
20kg以上 大型犬 1.7〜2g 10粒程度

上記はあくまでも1日の目安ですので、体調や様子をみながら、調子にあわせて増減してあげてください。高齢のペット は、量を体重1段階くらい減量して始めてください。(あくまで目安です)

カプセルフコイダンを口の中で噛みくだいて飲んでみると、粉末に温かみ(熱)を感じたのですが、何故ですか?

サンプルをお試しになってご購入いただいたお客さまからのご質問です。

こちらは、吸湿性の強い超微粉末に多く見られる現象です。
コラーゲン顆粒などにも見受けられるのですが、吸湿性の強い粉がしたの水分を吸収するために、温かく感じる現象であり、全く異常なものではございません。

特濃フコイダンに関しましては、高い抽出能力を持つ協同乳業(メイトー)と協和薬品(GMP認定工場)のご協力のもと、徹底した衛生管理生産を行っており、ご安心してお召し上がりになれます。
何か心配なことがございましたら、ご遠慮なくお問合せくださいませ。

海藻フコイダンは、酢と一緒にとると良いと聞きましたが?

はい。酢がお嫌いでない方は、ご一緒に摂られるといいです。フコイダンの成分は、お酢と一緒に摂ることでより、生かされやすくなるのです。フコイダン健康食品に限らず、モズク・ワカメなどの海藻を召し上がるときも、お酢と一緒に召し上がるほうが消化・吸収がよいです。

カプセルの内容量表記の意味がよくわからないのですが?

弊社の特濃フコイダン100(カプセルタイプ)の内容量表記についてのご質問がありましたのでそのご回答です。
特濃フコイダンカプセル商品ページの記載で
内容量:48.3g
(約230mg<170mg×210粒>)
というところがあります。

このそれぞれの数値が意味するものは、

  • 内容量:(カプセル+カプセルの中身すべての内容量)→48.3g
  • (1カプセルの全体量<カプセル内の内容(カプセルの重量を含まない)×粒数>)→約230mg<170mg×210粒>)
    ※カプセル重さ60mg

カプセル商品については、上記のような表記になっているものがたくさんあります。他の商品についてもあてはまりますので、商品を選ばれる際の参考にしていただけたらと存じます。



特濃フコイダン中国語ページ 特濃フコイダン英語ページ 特濃フコイダン韓国語ページ